門前屋

10:00am ~ 15:00pm 毎週水曜日定休

「名物・門前屋濃厚豆腐」とパワースポットでのお食事処/信州阿智村園原・信濃比叡門前屋(しなのひえい・もんぜんや)

門前屋

10:00am ~ 15:00pm 毎週水曜日定休

「名物・門前屋濃厚豆腐」とパワースポットでのお食事処

門前屋
門前屋風景

〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里3614

10:00am~15:00pm 毎週水曜日定休 アクセス

紫陽花のおまじない

ブログ, 店長日記

 

こんばんは。スタッフの熊谷です。

 

今日6月26日は毎年お手洗いに紫陽花を飾る日となっています。

 

門前屋では毎年恒例となっていますが、皆さんご存知でしたか?

 

私達も毎年行っている事ではありますが、元々のいわれは何なのだろう?と思い調べてみると、

 

あじさいを逆さまに吊るすことで、魔除け・厄除けになり幸福をもたらすといわれているのだとか。

(門前屋は吊るすのではなく、見て楽しんでいただけるように毎年飾るようにしています)

 

やり方としては、剪定したあじさいを半紙でくるんで紅白の水引で結びます。

(半紙におまじないの言葉を書いたり、水引の色も、紅白だと婦人病予防、黄色だと金運財運上昇など色々ないわれがあるようです)

 

吊るし始める日として、6月中の6のつく日(6日、16日、26日)、特に6月26日が一番効果が高いという説があるそうです。

 

吊るす場所は、玄関や家の軒下、台所、自室、お手洗いなど、どこでも好きな所でOKなようで。

自室に吊るすと金運がアップしてお金が貯まる、女性の場合はお手洗いに吊るすと婦人病にかからない、歳をとってから下のお世話にならないなど、色々な御利益があるようです。

(このあたりは地域などによっていわれが異なるかと思います)

 

1年間吊るし続けて乾燥したあじさいは、「ありがとうございます」という感謝の気持ちを込めて、海や川へ流します。

 

そして、また新たに咲いたあじさいを吊るして御利益を祈る…

 

というものだそうです。

 

 

素敵な紫陽花に願いを込めて、また新たに1年の無事を祈りたいと思います。

 

(とにかく私は冷え症が治りますように…!)